病院で診察を受けているとき、お医者さんがなにやらわからない文字を書いている紙がありますね。
それがカルテなのですが、今の時代、もはや紙ではなくデータによる「電子カルテ」に切り替わってきているのです。
今までお医者さんが時間をかけて書いてきたカルテ。それが、電子ベースのデータに置き換えられ、患者の容態がすぐに閲覧できるようになりました。

電子カルテの有効性

「この患者さんの病気はこれで、薬はこれで・・・」と紙から紙へ、カルテを探すだけでも一苦労な作業です。
それが、コンピューターによる簡単な作業で、すぐに見ることができ、その分処置も早くなるという代物です。
最初のころの状態、今まで、そして現在の患者の状態の病状や共通点などがすばやく判断できるので、診療がとても早くなったという話を聞きます。

もはや、「IT化」は私たちの生活とは切っても切れないものになり、医学界にもその波は押し寄せてきました。
効率よく診療を行う、という点では大変優れたものであると思います。
かなり昔の患者さんが来たとしても、電子カルテならそのときの症状や投薬のことは全て記録されています。
同じ病気で訪れたなら、その電子カルテで検索して同じ薬を処方すればいいのです。

点滴や注射などでも同じことがいえますね。
過去のことを全て覚えておけるお医者さんや看護婦さんはいません。
紙のカルテだと、紙が劣化したり文字が薄くなることもあるでしょう。
あらゆる管理の問題においても、電子カルテは有効なものだと思われます。

そして何より、情報がすぐに入手できるということは、それだけ患者さんへの対応が短時間で早くできるということです。
そうなると、病院の回転自体もよくなり、患者さんも長い間待たなくてよくなりますね。

こういった理由から、電子カルテを使う病院や医師はどんどん増えてきている状況です。
常に忙しい医師にしてみれば、これほどありがたい存在はないかもしれませんね。

しかし、この電子カルテの使用に警鐘を鳴らし、反発している医師もいるのが事実です。
なぜなら、電子カルテはコンピューターである以上、常にコンピューターウイルスの脅威にさらされているからです。
また、個人情報の流出の可能性も懸念されています。
紙のカルテなら、盗まれればなくなるのですぐに分かりますが、データの場合はUSBメモリなどにコピーされてしまうと、もうわかりません。

たとえ紙であってもデータであっても、個人情報の管理は徹底しなければいけないということですね。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

電子カルテ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://carte.mb34.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。